Top » 新着情報 » 2012年10月 » イエメン共和国へ看護師を派遣

新着情報

イエメン共和国へ看護師を派遣

日本赤十字社は、ICRC(赤十字国際委員会、本社:スイスジュネーブ)からの要請により、沖縄赤十字病院の高尾実千代看護師長をイエメンの紛争犠牲者救援事業へ派遣することと決定しました。 

 イエメンでは2004年に政府軍とイスラム教シーア派民兵組織との衝突が始まり、2010年に停戦合意がなされたものの多くの市民が家や仕事を失い避難生活を送っています。また昨今の中東各地での反政府デモ、アフリカからの難民などの影響により深刻な経済状況にあります。 ICRCは食料、水、生活用品の配布、医療の支援など行っており高尾看護師長は、ICRCの一員として戦傷看護及びスタッフの指導、巡回診療などの業務を行うことが予定されております。 

高尾看護師長の海外派遣は今回で4回目となり、これまでの経験をもとに活躍が期待されるとともに同国の医療環境の整備、技術向上の大きな進展に寄与することと思われます。 

10月10日(水)に、日本赤十字社沖縄県支部副支部長 崎山八郎(県福祉保健部長)へ表敬訪問し、出発報告を行いました。また、当院での出発式も行われ事務局長や院長からの激励のことばを受け、「私にできることを精一杯やってきます。」と決意を述べました。

3.jpg

2.jpg

1.jpg

map.jpg
全診療科の受付時間
初診患者さま
午前
 8:30 ~ 10:30
紹介状をお持ちの
患者さま・通院患者さま
午前
 8:30 ~ 11:00
午後
 1:00 ~ 4:00
休診日
土曜日・日曜日・
祝祭日
慰霊の日(6/23)
年末年始
(12/29~1/3)
面会時間
平日
14:00 ~ 19:30
土日・祝祭日
10:00 ~ 19:30