Top » よくある質問

よくある質問

各手続きについて

費用や医療費について

70歳以上で入院をしていますが、限度額認定証の手続きは可能ですか?

70歳以上の方は、「高齢受給者証」により、75歳以上の方は「後期高齢者医療」によりお支払額が決まっていますが、所得により減額手続きが申請できる場合もあります。

区分入院時および世帯単位の
自己負担限度額(月額)
食事代(一食あたり)
現役並み所得 80,100円
+(医療費-267,000円)×1%
260円
一般44,400円260円
※低所得II24,600円210円
※低所得I15,000円100円
  • 世帯の所得により1ヶ月の入院医療費が15,000円から約80,000円とお支払の限度額が決まっています。
  • 適応される費用は保険診療(手術、検査、薬代等)が該当になります。
  • 食事代、個室を使用した場合の差額ベット代、文書料、病衣代、おむつ代など保険給付の対象とならない費用は該当しません。
  • 低所得世帯(住民税非課税世帯)の方は各市町村役場で減額申請手続きが可能です。手続きにより「減額認定証」が役所より発行されますので、入院中に総合受付2番窓口に提示下さい。
  • 制度について詳しくお聞きになりたい方は、各市町村役場か医療相談室へお問い合わせ下さい。

限度額認定証とはどのような制度ですか?

70歳未満の患者様が入院時に窓口へ提示することで、1ヶ月ごとの入院費のお支払いが所得に応じての自己負担限度額にとどめられる制度です。窓口へ認定証を提示した場合、提出した月からの適応となり、窓口での支払い額が軽減されます。但し、差額ベッド代、食事代、病衣代、診断書料等、保険給付の対象とならない費用は自己負担となります。

《限度額認定証における自己負担限度額一覧表》
課税区分 自己負担額
住民税上位所得者 150,000円+(総医療費-500,000円)×1%
課税世帯一般所得者 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
住民税非課税世帯35,400円

限度額認定証の手続きは患者様が加入している健康保険によって窓口が変わります。詳しくは医療相談室へお問い合わせ下さい。

診断書を書いていただきたいのですが、どこに提出したらいいでしょうか?

外来通院か入院中かで窓口が異なります。

外来通院の患者様 総合受付2番窓口にて提出して下さい。
入院中の患者様 入院している病棟のナースステーションにて提出して下さい。

診断書を提出してから出来上がりまでに、原則として2週間程度かかります。ご不明な点があれば、各窓口へお問い合わせ下さい。

診察券を紛失した、または忘れてしまったのですが?

紛失した場合は有料(108円)にて再発行致しますので総合窓口へお声をかけて下さい。また、忘れた場合も有料(108円)にて再発行になりますので当院受診の際には忘れずにお持ち下さい。

紹介状がなくても受診できますか?

紹介状をお持ちでなくても診察は可能です。ただし、紹介状をお持ちでない患者様については、診療費とは別に特定療養費(3,240円)を頂いております。また、紹介状を持参するとスムーズな診療ができますので、できるかぎり近隣の医療機関を受診して紹介状を書いていただきお持ち下さる事をお勧めします。

院内に郵便局、銀行(ATM)はありますか?

1階に沖縄銀行のATMがあります。利用可能時間は平日9:00から18:00。ただし、土日・祝祭日は利用できません。
なお、院内コンビニのファミリーマート内に琉銀・ゆうちょなど多数の銀行と取引可能なATMが設置されています。ファミリーマートは年中無休7:00~23:00までの営業となっております。

クレジットカードで医療費は支払えますか?

支払いは可能です。

入院する予定になったが医療費の概算を教えて欲しい。

ある程度の時間を要する場合もありますが、病名、手術名、予定入院日数が分かりますと、おおよその金額をお知らせできます。詳しくは、医事課入院係までお問い合わせ下さい。

診断書の料金はいくらですか?

記入する診断書の種類によって1,080円から4,320円の料金が発生致します。詳しくは総合受付2番窓口へお問い合わせ下さい。

全診療科の受付時間
初診患者さま
午前
 8:30 ~ 10:30
紹介状をお持ちの
患者さま・通院患者さま
午前
 8:30 ~ 11:00
午後
 1:00 ~ 4:00
休診日
土曜日・日曜日・
祝祭日
慰霊の日(6/23)
年末年始
(12/29~1/3)
面会時間
平日
14:00 ~ 19:30
土日・祝祭日
10:00 ~ 19:30