Top » 診療科部門紹介 » 放射線科

放射線科

放射線科からのお知らせ

  • 現在、お知らせはありません

診療の特色

 当院の放射線科は医師2名、技師15名(うち女性3名)、受付事務1名で構成されており、休日・全夜間救急診療及び緊急検査に対応した放射線検査の受け入れ体制を整備しております。
 画像診断装置として診療部門にX線撮影装置(CR処理)2台、マルチスライスCT装置2台、MRI装置、DSA血管撮影装置、X線TV装置2台、乳房専用撮影装置、骨塩定量測定装置、ポータブル3台などを使用して日常診療を行っております。また、DSA撮影装置によって画像診断に加えて血管塞栓術や選択的な薬剤の動脈内注入、血管内カテーテル留置、血管の塞栓や狭窄の治療も行っております。マルチスライスCTにおいては高速スキャンに伴う検査時間の短縮に加え被爆低減が実現されており、ダイナミックスタディ、肺生検なども行われております。又、病診連携の一つとして画像診断の院外予約制も実施しております。
 治療部門ではリニアック装置1台、3次元治療計画システムを整備しており近年増加している乳癌術後照射を始め悪性腫瘍の根治治療、姑息治療に取り組んでおります。
 最後に当科スタッフは充実したチームワークの確立のもと患者サービスの追及と医療人としての向上心を常に心がけるよう努力しております。

技と心の患者サービスの向上を目指して

患者様の医療への期待が高度化、かつ多様化する一方で、診断装置及び治療装置は急速に技術的・能率的に進歩しています。放射線科は高度先進医療を推進する上でも最も重要な部門の一つです。当放射線科では、患者サービスの一環として高度医療の提供・診断精度の向上だけでなく、被爆の低減及び検査時間の短縮等、「患者様にやさしい医療」を目指し、それぞれの専門性を尊重して技能と質の向上に向け努力しております。

基本理念

  • 常に患者様の立場に立ち、赤十字の人道博愛精神のもと安全かつ思いやりのある環境作りに心掛ける。
  • 医療関係者としての誇りを忘れることなく、常にチーム医療の一員として行動する。

放射線科の業務

放射線科の業務内容には、画像診断と放射線治療の大きく二つに分けられ、画像診断におきましては各種のエックス線撮影及びエックス線透視検査、MDCT検査、MRI検査、DSA血管撮影検査などがあり、各科の臨床診断を画像診断の立場からサポートし、より確実な確定診断に結びつくよう努力しています。

また、さらにこれらのマルチ・モダリティを駆使したインターベンション関連におきましても、循環器科によるInterventional Cardiologyや消化器外科内科、脳外科におけるInterventional Radiologyを行っております。放射線治療におきましては、沖縄の特色ある地域性から、周辺離島を含め他院からの紹介も積極的に引き受けております。放射線治療は悪性腫瘍において外科的切除、化学療法と合わせた三本柱のうちの重要な一つで、三次元治療計画用コンピュターを用いて高精度な照射法を決定した上で実施されます。当院では乳癌、肺癌の治療が大半を占めておりますが、関連各科と協力して集学的な治療を行い、可能な限り機能形態の温存をはかるよう努力しております。

主な放射線機器および画像診断装置

一般撮影装置、乳房撮影装置、胸部検診車、胃部検診車、骨塩定量測定装置、X線透視装置、MDCT装置、血管撮影装置、MRI装置、放射線治療:ライナック装置

housyasen1.jpg housyasen2.jpg
housyasennokiseki.bmp
沖縄赤十字病院広報誌 おきせきでも紹介されました。
全診療科の受付時間
初診患者さま
午前
 8:30 ~ 10:30
紹介状をお持ちの
患者さま・通院患者さま
午前
 8:30 ~ 11:00
午後
 1:00 ~ 4:00
休診日
土曜日・日曜日・
祝祭日
慰霊の日(6/23)
年末年始
(12/29~1/3)
面会時間
平日
14:00 ~ 19:30
土日・祝祭日
10:00 ~ 19:30