Top » 診療科部門紹介 » 皮膚科

皮膚科

皮膚科からのお知らせ

診療の特色

 アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎などのアレルギー疾患や、帯状疱疹や丹毒、とびひなどの細菌ウイルス感染症、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、水疱症、皮膚潰瘍、円形脱毛症などの様々な疾患に対応しています。疾患に応じた各種検査も行っています。(IgERASTによるアレルゲン検索やパッチテスト(金属シリーズ、ジャパニーズスタンダードシリーズ)、薬疹のDLST検査、腫瘍性疾患の病理組織検査など)ナローバンドUVB紫外線照射器の設備もあり、尋常性乾癬やアトピー性皮膚炎、白斑症に照射治療も行っております。色素性母斑や粉瘤など皮膚腫瘍の切除術も行っています。植皮が必要な症例や局所麻酔での対応が難しいものは入院手術も対応しています。顔面や手指の腫瘍、切除術後の形成外科的な再建が必要になるものや化学療法が必要になる悪性腫瘍は大学病院に紹介しています。

医師

皮膚科部長 上原 絵里子
医師 花城 ふく子

外来診療について

受付時間や最新の外来スケジュールは次の    「外来診療区分表」   をごらんください。




症例

一日平均外来患者数は約40人。
診療日は月曜~金曜(火曜の午後は休診)。
受付時間は、新患の方【午前:8時30分~10時30分】、紹介・通院患者の方【午前8時30分~11時、午後:1時~4時】となっております。
詳細はこちらをご覧ください。>>>皮膚科 外来診療体制表

一般外来では、湿疹皮膚炎、じんましん、皮膚掻痔症の中でアレルギーを疑うものは、適宜血液検査(lgERAST、DLST含む)、パッチテスト(予約制)を行なっています。また乾癖等の光線療法はPUVAを行なっております。男性型脱毛症に対し、フィナステリド内服処方も行なっております。熱傷、炎症性粉癌で処置を連日必要とする方も多くみられます。

手術は、昨年度皮膚科外来にラジオ波電メスが導入され、色素性母斑(ほくろ)や粉癌などの皮膚良性腫瘍、陥入爪手術などは、火曜と木曜午後に予約制で行なっております(週4~6例)。局麻でできないものや皮膚悪性腫瘍、皮弁・植皮術が必要になるものは、入院して行なっております(月1例程度)。しかし、切除後の形成外科的再建が必要になるものや、皮膚悪性腫療で化学療法や免疫療法が必要になるものは、大学病院や関連施設等に紹介しています。またしみやあざに対するレーザー療法は行なっておりませんので、近医にご紹介しています。

hifukaokiseki.bmp
沖縄赤十字病院広報誌 おきせきでも紹介されました。
全診療科の受付時間
初診患者さま
午前
 8:30 ~ 10:30
紹介状をお持ちの
患者さま・通院患者さま
午前
 8:30 ~ 11:00
午後
 1:00 ~ 4:00
休診日
土曜日・日曜日・
祝祭日
慰霊の日(6/23)
年末年始
(12/29~1/3)
面会時間
平日
14:00 ~ 19:30
土日・祝祭日
10:00 ~ 19:30