Top » 診療科部門紹介 » 循環器科

循環器科

循環器科からのお知らせ

医療機関の認定

日本循環器学会認定循環器専門医研修施設

診療の特色

 循環器内科は4名のスタッフで担当しております。狭心症、急性心筋梗塞および末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症)に対する造影検査や血管内治療、失神や不整脈の診断のための心臓電気生理検査、および心筋症や弁膜症等の検査・治療を行っています。緊急にも対応しています。
 当院スタッフおよび下記専門外来スタッフによりほぼ全ての循環器疾患に対応可能です。

症例数

  • 冠動脈造影 ... 400例/年
  • 冠動脈インターベーション ... 100例/年
  • 心臓電気生理検査 ... 5例/年
  • ペースメーカー植込み術 ... 25例/年
  • 冠動脈CT ... 120例/年

専門外来

  • 不整脈外来(月曜午後)
       豊見城中央病院からの専門医が診療。アブレーション等に対応可能。
  • 心臓血管外科外来(第2火曜午後)
       琉大第二外科専門医が診療。
       冠動脈バイパス術、弁置換術、大動脈瘤等の外科治療に対応可能

循環器内科で使用している医療機器のご紹介

当科では、3DCT、心臓超音波検査等先進の検査機器を駆使し、患者さんの病原検索・精査、病態評価を行っております。

 3DCTは、造影剤を用いることで左画像のように心臓・冠動脈・大動脈、その周辺の血管まで細かに描出することができます。心臓と大動脈の関係及び全体像の把握が容易で、クリニックでの患者さんへの説明に有効活用できます。
 また、造影剤を用いなくとも冠動脈の石灰化(硬化度。石灰化スコア)を調べることで、狭心症や心筋梗塞症の発症の可能性を推測できます。
 図1.は大動脈解離のケースです。上行大動脈から腹部大動脈までの解離が鮮明に描出されています。
図2.は心電図異常でご紹介いただいたケースです。左前下行枝近位部に高度狭窄病変を認めます。後日、ステント留置術を行いました。
 当科では、循環器疾患を患った患者さんを、開業医の先生方が安心してフォローしていけるよう、診療情報提供書だけでなくガイドラインに基づいた内服の指示書、治療した部位を図で示した資料を添付するなどスムーズな地域連携を意識し、日々の業務に努めています。

循環器科 スタッフ

第一部長   砂川 長彦
第二部長   新里 譲
副部長    新城 治
医師     東風平 勉

全診療科の受付時間
初診患者さま
午前
 8:30 ~ 10:30
紹介状をお持ちの
患者さま・通院患者さま
午前
 8:30 ~ 11:00
午後
 1:00 ~ 4:00
休診日
土曜日・日曜日・
祝祭日
慰霊の日(6/23)
年末年始
(12/29~1/3)
面会時間
平日
14:00 ~ 19:30
土日・祝祭日
10:00 ~ 19:30